連珠。Yixin2017GUI版メモ

知っていることを箇条書きにしただけです。

 

注1:自分の頭の中にあるものを書き出しただけで、読んで貰う方の事を全く考えていない内容です。
注2:他にもいじった方が便利になる場所はある筈なのでこれがベストではないという前提で見て下さい。

 

Yixinについてはhaisarenjuthinkさんの記事がわかりやすいです。

renjuvarious.hatenablog.jp

 

●ダウンロード&セットアップ

http://www.aiexp.info/pages/yixin.html

のDownloads GUI + Engineから
Yixin2017をダウンロードして展開する。
ウイルス駆除ソフトによっては警告が出ることがあるようです。
どうも32bitだと動かないようです。
自分レベル(五目クエスト2級)だと大差ないですが2018版の方が強いと思います。
2018版の動かし方についてはhaisarenjuthinkさんのブログを参照して下さい。

f:id:etcnohito:20180522164057p:plain

●連珠検討用に設定変更
一通り動くのを確認したら設定ファイルを変更しました(設定ファイルは読み取り専用になっているので解除してからじゃないと上書きできません)。
私は
3行目のruleを2に(連珠ルールになる)
7行目のlevelを8に(時間無制限になる)
21行目のNumber of Threadsを6にしています(使用スレッド数が6になる)(スレッド数が多いとその分早く処理ができます)
スレッド数って何?と言う方はYixinを立ち上げてPlayers→Settings→ResourceからNumber of Threadsを一番右までずらしてそこから2を引いた値を設定して下さい。

f:id:etcnohito:20180522164115p:plain

f:id:etcnohito:20180522164129p:plain

●使い方
棋譜を手で入力するかsavファイルを作成するかして局面を再現してPlayボタンを押すだけです。途中で止めることもできます。
何処で評価を打ち切るかは使う方の実力次第だと思います(深く読ませると結論が変わることが結構あるので、あまり早い段階で打ち切るのはおすすめできません)。
ちなみにVALが評価値で、勝ちを読み切ると10000、負けを読み切ると-10000と表示されるようです。評価値が(-)100,(-)300,(-)400と増えて(減って)いくようであれば暫く待つと結構な確率で(-)10000まで読み切ってくれると思います。

f:id:etcnohito:20180522164155p:plain

●savファイルの作り方(ある程度プログラム出来る方向け)
正直、手で棋譜を打った方が強くなる気がするのですが、ポイントだけ知りたい時に0から棋譜を再現するのは大変なので、savファイルの作り方を説明します。
最初の2行が盤のサイズ(縦と横)なのでこれは15固定
3行目が最終手数
4行目から実際の手が入ります。
縦 SPACE 横の順に記入します。
縦は上から下に0~14
横は左から右に0~14となります。
詳しくは画像から想像して下さい>、<

f:id:etcnohito:20180522164229p:plain

連珠には色んな棋譜形式がありますが、例えば五目クエストの棋譜を変換するのであれば
五目クエスト履歴検索βからsgfファイルをダウンロードして変換プログラムを通せばすぐに変換可能です。

五目クエスト履歴検索β

※探せばsgf→sav変換ツールもあるのかも知れないけど見つけられなかった(投稿日現在)

五目クエストのsgfファイルはこんな感じになっているので、
最初の3行を読み飛ばして4行目の括弧の中を変換しながら手数をカウントすることでsavファイルに変換可能です。
sgfが横→縦の順に書くのに対してsavファイルは縦→横の順に書いてあるのに注意。
sgfはa~oがsavだと0~14になります。
(sgfファイルの仕様はググればいくらでも出てきます)

f:id:etcnohito:20180522164251p:plain

要はこうなればOK。詳しくは直接聞いて。

f:id:etcnohito:20180522164330p:plain

手元に変換プログラムはあるのですが、配布出来ない形式で作ったのでアップロードできません。

以上

日本将棋連盟HPバグまとめ

Twitter日本将棋連盟さんのHPのバグについて呟いたら意外と反響があったので、把握しているバグと仕様的にどうなんだろうって物を書いておく。

 

※クロームでチェックしました(確認日:2018/05/14~05/16)。

※バグじゃない物もあると思います。

※テストした訳ではなく適当に巡回して見つけた物なので、実際には少なく見積もっても数倍~はあると思います。

日本将棋連盟さんとシンクロ社さんの提携が続いているかは不明です。

 

●バグ

◯ヒューリック杯棋聖戦

ヒューリック杯棋聖戦 |棋戦|日本将棋連盟

・「88期」と「過去の成績」が表示されない

f:id:etcnohito:20180516115940p:plain

f:id:etcnohito:20180516111248p:plain

正しくはこうなるはず

f:id:etcnohito:20180516111307p:plain

◯今年度女流棋士成績・記録

女流棋士今年度成績|成績・ランキング|日本将棋連盟

・年度記録が4/23で止まっている

f:id:etcnohito:20180516111608p:plain

・ランキングが変(5/15に一部治った?)

この件に関しては過去に中井先生も呟いていました。

(一回直って再度バグった可能性もありますが)

 

f:id:etcnohito:20180516111431p:plain

◯寄付者一覧

寄付金募集のお願い|将棋連盟について|日本将棋連盟

・50音順に並んでいない

人名・法人名なのでキャプチャ画像は貼りませんが、最後の4人(法人)の順番がおかしいです。

 

●変な仕様

◯寄付者一覧

寄付金募集のお願い|将棋連盟について|日本将棋連盟

 ・日付が止まっているか更新漏れ(前者だと信じたい。後者だと1年以上放置されている事になる)

f:id:etcnohito:20180516112253p:plain

◯今年度女流棋士成績・記録

女流棋士今年度成績|成績・ランキング|日本将棋連盟

・引退した女流棋士が含まれている

・(これは仕様的にはOKだが)休場中の女流棋士が0勝0敗表示はかっこ悪い

 

◯50音順一覧

50音順一覧|棋士データベース|日本将棋連盟

・ここにしかいない棋士が何人かいる(山田道美九段などリニューアル前は紹介されていた棋士が紹介されなくなっている)

・ステチェンスカ女流は「カ」行でいいの?

(囲碁もそうみたいだから良いのかも?仮に「マイク高橋」さんと言う人がプロになったら「マ」行に入るのかな?国によって違うようだし、普段呼ばれている名前で呼ばれるって事で良いのかな?)

f:id:etcnohito:20180516113230p:plain

 

ここから先は悲しいお話

---------------------------------------

ここまでの問題は話題になれば治ると思います。ただ、根本的な問題は残ったままになるので、結局同じ事の繰り返しになると思います。

 

シンクロさんと業務提携した2016年秋からこの手の問題は急激に増えて

www.shogi.or.jp

同年秋には常務会が謝罪するまでの自体になりました。

www.shogi.or.jp

何より悲しいのは業務提携から約2年、謝罪から約1年半経ちますが、この件に関する根本的な問題が解決していない事です。

私はただの将棋ファンなので内部がどうなっているかはわかりませんが、根幹にメスを入れないと駄目なのは間違いないでしょう。

 

更に悲しいお話

---------------------------------------

ここまでの問題を見る限り日本将棋連盟さんのHPは欠陥住宅のようにあちこちに細かい問題が隠れており、それに対して指摘があったら対策を取る形を取っている。

このやり方には色々な問題がありますが、個人的に嫌なのは、このやり方だと「無駄に」お金がかかる事です。

無駄にお金がかかると言うことは、他に使えるお金がなくなってしまうわけで、直接的な分野であれば、日本将棋連盟HPの英語部分や、個人HPで実装されているのにいつまで経っても実装されない各棋士の対局結果・対局予定などの機能が犠牲になっています。

(更に言うとHP以外での日本将棋連盟さん内で使えるお金も失っている気がしますが、そこには触れないでおきます。)

最近、日本大学のアメフト部が問題になりましたが、これは初動で痛みを伴うことを拒否した為に大問題になってしまった例だと考えています(5/10前後に1年程度の活動停止を発表すればニュースにもならなかったと思います)。

 

どうすればいいの?

---------------------------------------

外部の人には根本原因がわからないので、内部で調査して根本原因を見つけて潰す他ないと思います(その為に一時的にHPが使えなくなったり、再謝罪があっても許してくれると思います)。私の本業もソフトウェア開発(最近はテストがメインですが)なので、色んなヘンテコシステムを見ていますが、根本原因はとんでもない事が多かったりします。一例を上げると…

↓自分が経験した話であって今回のケースの話を書いている訳ではないです。

・経費削減の為に技術不足のエンジニアが作成している技術的問題 ← 体感では一番少ない

・わざと低レベルな物を納品してメンテナンスで稼ぐ悪徳業者 ← 最近は減った

・ちょっとした修正でもその都度にお金が必要な契約上の問題 ← たまにある

・依頼主側の担当がソフトウェアに疎い(又は権限を持たない)為に起こる混乱 ← 結構多い

ソフト会社もゴミなのはわかっているけど、ゴミと言うと予算が取れないので黙っているケース ← 結構多い

5/16 20:30追記 ↑開発会社も作った物が不出来とわかっているけど、「不出来なので直させて下さい」と開発会社側から言ってしまうのと予算が取れない(買い叩かれる)ので黙っていると言う話です。

 書けない物(そっちの方が多い)も含めて色んなケースがあるので、原因を見つけて対処して欲しいです。

 

本当に伝えたいこと

---------------------------------------

・こういうみっともないミスはシステムその物を見直してできる限り減らして

・オリンピックまでに日本語が出来ない人にも情報が伝えられるようなHPを作って

(最近だとステチェンスカ女流が英語での将棋本を書くなど海外ファンへの情報展開が進んでいます。ちなみにこの本ですが、内藤九段のベン・ハーについて書いてあったりと思っていたよりもずっと高度な内容について書かれています。)

ISM Magazine – Shogi Harbour

ISM issue1 2018.pdf - Google ドライブ

棋士個人の情報を充実させて(ShogiHub(更新休止中)で出来ている事は全部やって)

f:id:etcnohito:20180516115123p:plain

↑(上野先生を選んだのはTwitterとブログをしていて、かつ最近NHK杯の対局があった為)個人的な願望丸出しですが、棋士の成績を確認するのにファンが作ったサイトに行くのは機会の損失だと思います(公式で扱いにくいレーティングとか期待勝率とかは仕方ないけど…)。

色々増えているように見えますが、個人のHPで出来ているわけで、技術的に言うとそこまで難しい話ではなく、普通のソフト屋さんなら比較的容易に作ることができると思います(ちゃんと作ればメンテナンスの手間もほぼいらない)。

 

---------------------------------------

勢いに任せて想いのままに書いたので、読み辛かったりピントがズレていたりあちこち話が飛んでいたり失礼な部分もあるかと思いますが、ご了承下さい。

 

おまけ:

国内ではあまり話題にならなかった国際将棋フォーラム2017(北九州)の動画(私の動画ではないです)

www.youtube.com

結局バグだけパッチ当てておしまいな気がするけど…

終わり

チャンネル登録者数1,000未満だけど面白いと思うボードゲームチャンネル

下記の条件でペタペタ貼りました(面白いものがあれば教えて下さい)。

1.チャンネル登録者数1,000未満である(例外:日本棋院)

2.2本以上の動画をアップしている

3.最終行使日が1年以内

4.中の人が面白いと思った

 

将棋

将棋応援委員会侍 ゙

www.youtube.com

完成度高すぎです!

www.youtube.com

 

ねこまど将棋チャンネル

www.youtube.com

森内九段、加藤九段を始めトップ棋士が出演することも

www.youtube.com

 

えびふらい

www.youtube.com

コンピュータ将棋イベントなど

www.youtube.com

 

株式会社いつつ

www.youtube.com

将棋の遊び方など(時系列が変なので再生リストでの再生がオススメ)

www.youtube.com

 

遠山プロの将棋塾

www.youtube.com

入門動画(すぐ1,000人超えそう…)

www.youtube.com

 

森信雄

www.youtube.com

将棋要素はないです

www.youtube.com

 

金沢文庫将棋サロン

www.youtube.com

完成度高っ!(今後が楽しみです)

www.youtube.com

 

Taps_diesタップダイス

www.youtube.com

解説系

www.youtube.com

 

宣伝

海外の方向け(登録者約15,000人,再生数約500万回という有名なチャンネルですが…)

www.youtube.com

ちなみにこの動画は約10年前に作られたもの…。凄すぎ。

www.youtube.com

 

囲碁

日本棋院囲碁チャンネル【公式】

www.youtube.com

今回唯一の例外としました。タイトル戦をフルで流していたりと

素晴らしい内容なんだしみんなもっと見てよ>、<

www.youtube.com

 

吹上博之

www.youtube.com

お腹抱えて笑ってしまった

www.youtube.com

 

囲碁アイドル

www.youtube.com

そのままです。4人全部見るのはちょっと大変。

www.youtube.com

 

宣伝

この動画大好きです。

www.youtube.com

 

連珠

那智暴虐のれんじゅいし

www.youtube.com

ただただ強いです

www.youtube.com

 

宣伝

ルール

www.youtube.com

 

リバーシ

ラスクのオセロ実況

www.youtube.com

完成度が高く視聴していて楽しいです。

www.youtube.com

たまに連珠もあるようです。

www.youtube.com

 

桑名七盤勝負

桑名囲碁将棋サロン庵

www.youtube.com

こういう競技(囲碁(9路)、将棋、チェス、オセロ、連珠(競技五目並べ)、どうぶつしょうぎバックギャモンの同時対局)です。

dic.nicovideo.jp

www.youtube.com

ツイクストの動画もありました。

www.youtube.com


いおりちゃんねる

桑名囲碁将棋サロン庵のもう一つのチャンネル

本家に上がるべき動画もこっちにあがっていたりする。

www.youtube.com

桑名七盤勝負の始め方

www.youtube.com

 

その他

世界遊戯博物館

www.youtube.com

全部は紹介しきれないのでチャンネルページで確認して下さい

ドラフツ

www.youtube.com

チャンギ

www.youtube.com

チェス

www.youtube.com

花札

www.youtube.com

シャンチー

www.youtube.com

 

オススメあったら教えて下さい(*^^*)

 

配信のメモ

ねこまど将棋チャンネルさんの記事に影響を受けて書いてみた

nekomado27.blogspot.jp


基本構成は、CX-675(ビデオカメラ)+LiveShell2(映像転送装置)+WiFi(今はその都度レンタルしていますが月1以上のペースになるなら買った方が安い)で、管理用にPCを持っていく事が多い(タブレットでも動く)。

仕組みとしてはビデオカメラのHDMI出力を使ってLiveShell2に映像を送って、LiveShell2からWiFiを使って各配信サーバにデータを送っている。その為、配信用に高価なPCは不要である。

この構成のメリットはビデオカメラだけで動き回って配信ができる事(しかしそういう配信をした事はない)と(あった方が便利だが)PC不要な事。操作がとても楽な事。
デメリットとしてはちょっとした字幕を乗せる以外の映像加工ができない事。配信は簡単だがセットアップに手間取る事が多い事。


以下は機器の説明
・CX-675(ビデオカメラ)
価格.comで最安41,000円となっているが、売り切りセール時に買ったのでこの価格より安い価格で入手しています。
配信だけ考えればもっと安い機種で十分おつりが来るのだが、配信をせずに撮影だけする事もあるのでこの機種にしました。
時々、もう少し良い画にならないのかと思う事もありますが、起きている事を正しく伝える事が出来ているので十分合格です。
使い道によってベストな機種は異なると思うので用途にあった1台を買うのが良いと思います。

www.sony.jp

・LiveShell2(映像転送装置)
amazonで39,800円となっているが、ヤフオクに安価で出品されている事があるのでそちらから入手(補償がないので注意)。
LiveShellシリーズについてはある程度詳しく書けるけど本題からずれるので割愛(コメントあれば書きます)

liveshell.cerevo.com

・EX-630(三脚)
アマゾンで5,253円で購入。
高さが足りて耐荷重さえ間違えなければ別に何でもいいと思う。

ベルボン株式会社 EX-630

・CN-160(ライト)
アマゾンで2,449円で売られている。
自分がライト苦手なので極力使わないようにしているが、自然光、照明共に弱い時にしぶしぶ使っています。 

 ・W04(WiFi)
今一番使っているのはこれ。
配信用途の場合に必要なのは下りではなく上り回線の安定性と速さで、今の所安定して高速配信できています。クレードルがあるので有線接続できるのが大きいです。

www.uqwimax.jp

・WEX-733D(WiFi中継器)
アマゾンで3,181円で売られている。
WiFiが繋がりにくい時にWiFiを屋外のひらけた所に置いて、これで中継する目的で購入。イベントによっては複数の部屋を使うこともあるのでそういう時にも役に立つ。そこまで面倒ではないが事前設定が煩わしいと感じる事があります。

buffalo.jp

ECM-AW3(ワイヤレスマイク)
中古で購入
CX-675のマイクが優秀なのであまり使うことはないのですが、撮影者と距離がある時に使っています。電池の残量がわかりにくいのがネック。

www.sony.jp

 

この他にお世話になっているビデオエイペックスさんの中古で買ったノートPC(キーボードが駄目になっている分安い)や電源のタップやヘッドフォンなどをバック2個に入れて運んでいます。

f:id:etcnohito:20180211085802p:plain

 

連珠配信で試して見たい事

・連珠A級リーグ編

ボードゲーム界初(多分)の360度配信が出来たら面白そう。

1日8,000円と現実的なお値段で実現可能。

ネックは記者やカメラマン、観戦者まで映ってしまう所と、アーカイブとして残す場合には編集が難しい(不可能?)と思われる点かな。

参考:

rental.pandastudio.tv

youtu.be

 

・連珠名人戦

連珠名人戦に関しては3元中継を見てみたい。Youtubeで対局映像、ニコ生とFreshで大盤解説会を配信するなど手はいっぱいある。

今年の正規配信はFreshのみで、生で見る分にはどうにかなるけど、アーカイブとしては弱いと思うので、その辺も改善できると良いのかなと思う。

www.youtube.com

 

案は色々あるけど、現状でも運営さんの負荷が高過ぎるのであまり書かないでおきます。

81Dojoの大会運営システムがとても便利な件

まずはこの記事を読んで頂くとして

hidetchi81.blog.jp

 

このシステムの便利な所は

運営面

1.大会運営を半自動(ほぼ全自動)で行う事ができること

2.ルールの幅が広く色々な大会を開けること

対局面

3.対局待ち合わせができること

 

1.大会運営を半自動(ほぼ全自動)で行う事ができること

運営者のやる事(手動部分)は大会の告知と参加者の承認否認だけ。

対局表の作成から結果の記入まで自動でやってくれます。

運営の手間が大幅に削減できます。

 

2.ルールの幅が広く色々な大会を開けること

持ち時間(0~30分)、秒読み(10~60秒)、本将棋以外の将棋(どうぶつしょうぎ、京都将棋、ゴロゴロ将棋など)での大会開催も可能です。

 

3.対局待ち合わせができること

新星戦のリーグ表で「-」となっている箇所をクリックして頂くとわかりますが、対局者間で日程の調整が行えます。

新星戦

待ち合わせのやり取りはシステムから登録しているメールアドレスにメールが送られるのでいちいちログインする必要もないです。

 

今まで行おうとしても難しかった大会を簡単に行えると思いますので、こういう大会をやってみたいと言う案がありましたら最初に張ったブログに連絡先がありますので、是非お試し下さい。

 

個人的に面白そうと思っているのは

・1Day(数時間)10秒将棋大会

・1Day(数時間)どうぶつしょうぎ大会

・京都将棋やゴロゴロ将棋のような個人ではリアルの大会を開くのが困難な大会

・普段だと難しい持ち時間や大会期間が長い大会

と考えていますがもっと色々な使い道があるかと思います。

 

既に(流暢な)ドイツ語を話せる人限定の大会の準備が進んでいます。

Kurpfalz Oster Online Open

 

最後に本日からこのシステムを利用した第6期リコー杯女流王座戦海外招待選手選抜大会が開催されます。

昨年、一昨年の覇者である黄晟佳さんが不参加(研修会に入った為)なので混戦が予想されます。一番長い日と重なりますがこちらも楽しみです。

第6期リコー杯女流王座戦海外招待選手選抜大会の出場者が決定 ~2月27日からインターネット予選がスタート~ | イベント|お知らせ・イベント情報:日本将棋連盟

live shell proを使ってのニコ生

つい最近、live shell proを使ってニコ生をする機会があったのですが、

これと言った資料がなかったので、自分で作ってみます。

まずlive shell proとはなんぞや?と言う話ですが、

ビデオカメラの映像をインターネットを使ってUstreamやニコ生に送る機械となります。

接続経路はこんな感じ

ビデオカメラ→HDMI端子→live shell pro→インターネット(有線・無線)→配信サイト

良い点はlive shell proさえあればすぐ配信ができる点でしょうね。

今回はそう言う配信ではなかったのですが、カメラにlive shell proを固定してその上にポケットWifiを置くことによってリアルタイム外配信も可能です(最近だと携帯電話でもできますけどね…)。

後、最近だと高性能な携帯電話でも配信は可能ですが、三脚やズーム、録画しながら(多分できる筈)の配信も可能な事でしょうか。

 

実際に配信に使った機材はこちら(全てレンタルです)

また、Wifi以外は全てビデオエイペックス様からお借りしました

(Wifiも取り扱っているのですが、在庫切れでした。)

www.apex106.com

 

○live shell pro

static-shell.cerevo.com

実売価格は5万円を超えるが、レンタルなら4,000から5,000円で借りれます。

これがないと始まりません。

 

○ビデオカメラ(HDR-XR550V)

www.sony.jp

こんな事を言うとSONYさんに怒られてしまうかも知れませんが、

HDMI端子があれば何でも問題ない感じでした。

と、言うのもニコ生の配信帯域が384kbpsしかなく、

それに対してHD画質はハイスペックすぎるのです…。

Ustreamのような高帯域が使えるようだと話は違うかも知れません。

 

○ワイヤレスマイク(ECM-HW1)

www.sony.jp

配信内容が講演の中継だったので大成功でした。

レクチャーテーブルの上に置かせて貰ったのですが、

これが音を良く拾ってくれました。

レクチャーテーブルで講演を聞くことはできないので

今回の配信で一番うまくいった点ですね。

 

○三脚(CX-444)

ベルボン株式会社 CX-444 BLACK

折角ちゃんとしたカメラを使うのであればと言う事で三脚も借りました。

予算と会場の状況にもよりますが、もうワンランク上でも良かったかな。

 

○ノートPC

無線LANに繋がればいいので詳細割愛。タブレットでも代用可能

 

○ポケットWifi

配信補助用に使ったので、ニコ生が見れるレベルならなんでも良かったです。

配信用(live shell pro用)に使うなら最大配信速度に気を使う必要があります。

また長時間配信で帯域制限がかかりそうなら複数借りる必要もあります。

 

●配信時の失敗談

1.配信中にデモ画面に入ってしまう

SONY~」と出て来て汗かきました…。

原因はlive shell proを使っている時に録画をしている訳ではないので、

ビデオカメラから見ると操作なしと捉えられてしまう事で

パソコンで言うスクリーンセイバー画面に移動してしまう為。

回避策は設定の変更でデモ画面に飛ばないようにするで行けます。

 

2.画面が揺れる

三脚と配信箇所の都合で机の上から撮影していたのですが、

机が四脚ではなくL字型(前側から足が出ている)になっていた事もあって

微少な揺れがどうしても発生してしまいます。

ズーム撮影をしていたので、その揺れの影響が大きかったです。

もっと大きな三脚を借りて地面から撮影すれば良かったかなと。

 

●接続方法

上にも書きましたが、当日の接続方法を簡単に書いておきます。

・ビデオカメラ→HDMIlive shell pro→インターネット(有線)→ニコ生(配信)

・ノートパソコン→インターネット(無線(ポケットWifi))→ニコ生(視聴)

・上記ノートパソコン→上記WifiDashboard(配信設定)

書くまでもないですが、カメラ自体の設定は

カメラ+三脚+ワイヤレスマイクとなります。

 

最後になりますが、電源とインターネットの状況によっては

折角機材を用意しても配信できない事もありますので、

その部分のチェックは念入りにお願い致します。

 

以上