読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

81Dojoの大会運営システムがとても便利な件

まずはこの記事を読んで頂くとして

hidetchi81.blog.jp

 

このシステムの便利な所は

運営面

1.大会運営を半自動(ほぼ全自動)で行う事ができること

2.ルールの幅が広く色々な大会を開けること

対局面

3.対局待ち合わせができること

 

1.大会運営を半自動(ほぼ全自動)で行う事ができること

運営者のやる事(手動部分)は大会の告知と参加者の承認否認だけ。

対局表の作成から結果の記入まで自動でやってくれます。

運営の手間が大幅に削減できます。

 

2.ルールの幅が広く色々な大会を開けること

持ち時間(0~30分)、秒読み(10~60秒)、本将棋以外の将棋(どうぶつしょうぎ、京都将棋、ゴロゴロ将棋など)での大会開催も可能です。

 

3.対局待ち合わせができること

新星戦のリーグ表で「-」となっている箇所をクリックして頂くとわかりますが、対局者間で日程の調整が行えます。

新星戦

待ち合わせのやり取りはシステムから登録しているメールアドレスにメールが送られるのでいちいちログインする必要もないです。

 

今まで行おうとしても難しかった大会を簡単に行えると思いますので、こういう大会をやってみたいと言う案がありましたら最初に張ったブログに連絡先がありますので、是非お試し下さい。

 

個人的に面白そうと思っているのは

・1Day(数時間)10秒将棋大会

・1Day(数時間)どうぶつしょうぎ大会

・京都将棋やゴロゴロ将棋のような個人ではリアルの大会を開くのが困難な大会

・普段だと難しい持ち時間や大会期間が長い大会

と考えていますがもっと色々な使い道があるかと思います。

 

既に(流暢な)ドイツ語を話せる人限定の大会の準備が進んでいます。

Kurpfalz Oster Online Open

 

最後に本日からこのシステムを利用した第6期リコー杯女流王座戦海外招待選手選抜大会が開催されます。

昨年、一昨年の覇者である黄晟佳さんが不参加(研修会に入った為)なので混戦が予想されます。一番長い日と重なりますがこちらも楽しみです。

第6期リコー杯女流王座戦海外招待選手選抜大会の出場者が決定 ~2月27日からインターネット予選がスタート~ | イベント|お知らせ・イベント情報:日本将棋連盟

live shell proを使ってのニコ生

つい最近、live shell proを使ってニコ生をする機会があったのですが、

これと言った資料がなかったので、自分で作ってみます。

まずlive shell proとはなんぞや?と言う話ですが、

ビデオカメラの映像をインターネットを使ってUstreamやニコ生に送る機械となります。

接続経路はこんな感じ

ビデオカメラ→HDMI端子→live shell pro→インターネット(有線・無線)→配信サイト

良い点はlive shell proさえあればすぐ配信ができる点でしょうね。

今回はそう言う配信ではなかったのですが、カメラにlive shell proを固定してその上にポケットWifiを置くことによってリアルタイム外配信も可能です(最近だと携帯電話でもできますけどね…)。

後、最近だと高性能な携帯電話でも配信は可能ですが、三脚やズーム、録画しながら(多分できる筈)の配信も可能な事でしょうか。

 

実際に配信に使った機材はこちら(全てレンタルです)

また、Wifi以外は全てビデオエイペックス様からお借りしました

(Wifiも取り扱っているのですが、在庫切れでした。)

www.apex106.com

 

○live shell pro

static-shell.cerevo.com

実売価格は5万円を超えるが、レンタルなら4,000から5,000円で借りれます。

これがないと始まりません。

 

○ビデオカメラ(HDR-XR550V)

www.sony.jp

こんな事を言うとSONYさんに怒られてしまうかも知れませんが、

HDMI端子があれば何でも問題ない感じでした。

と、言うのもニコ生の配信帯域が384kbpsしかなく、

それに対してHD画質はハイスペックすぎるのです…。

Ustreamのような高帯域が使えるようだと話は違うかも知れません。

 

○ワイヤレスマイク(ECM-HW1)

www.sony.jp

配信内容が講演の中継だったので大成功でした。

レクチャーテーブルの上に置かせて貰ったのですが、

これが音を良く拾ってくれました。

レクチャーテーブルで講演を聞くことはできないので

今回の配信で一番うまくいった点ですね。

 

○三脚(CX-444)

ベルボン株式会社 CX-444 BLACK

折角ちゃんとしたカメラを使うのであればと言う事で三脚も借りました。

予算と会場の状況にもよりますが、もうワンランク上でも良かったかな。

 

○ノートPC

無線LANに繋がればいいので詳細割愛。タブレットでも代用可能

 

○ポケットWifi

配信補助用に使ったので、ニコ生が見れるレベルならなんでも良かったです。

配信用(live shell pro用)に使うなら最大配信速度に気を使う必要があります。

また長時間配信で帯域制限がかかりそうなら複数借りる必要もあります。

 

●配信時の失敗談

1.配信中にデモ画面に入ってしまう

SONY~」と出て来て汗かきました…。

原因はlive shell proを使っている時に録画をしている訳ではないので、

ビデオカメラから見ると操作なしと捉えられてしまう事で

パソコンで言うスクリーンセイバー画面に移動してしまう為。

回避策は設定の変更でデモ画面に飛ばないようにするで行けます。

 

2.画面が揺れる

三脚と配信箇所の都合で机の上から撮影していたのですが、

机が四脚ではなくL字型(前側から足が出ている)になっていた事もあって

微少な揺れがどうしても発生してしまいます。

ズーム撮影をしていたので、その揺れの影響が大きかったです。

もっと大きな三脚を借りて地面から撮影すれば良かったかなと。

 

●接続方法

上にも書きましたが、当日の接続方法を簡単に書いておきます。

・ビデオカメラ→HDMIlive shell pro→インターネット(有線)→ニコ生(配信)

・ノートパソコン→インターネット(無線(ポケットWifi))→ニコ生(視聴)

・上記ノートパソコン→上記WifiDashboard(配信設定)

書くまでもないですが、カメラ自体の設定は

カメラ+三脚+ワイヤレスマイクとなります。

 

最後になりますが、電源とインターネットの状況によっては

折角機材を用意しても配信できない事もありますので、

その部分のチェックは念入りにお願い致します。

 

以上

女流棋士会オータムフェスタ ~カレンダーカップ~に行ってきた

多分人生3度目の将棋イベント参加(人間将棋将棋電王トーナメント・オータムフェスタ)です。

 

色々あって開場後に会場に到着。受付後は適当に立ち見していました。

自分自身のテンションが降下中な事もあってどうしても細かくてどうでも良い事ばかり記憶に残ってしまった。

最初に行われたペア将棋は矢倉戦。室谷さんが(古い)プロレスラーを知らないって事だけはわかったw それでもプロレスラーネタを突っ込むマンモス先生

同時並行で行われたカレンダーカップの準決勝は中村真女流三段 対 井道女流初段を観戦。

私から見て私-対局時計(後ろ向き)-盤(横向き)-窓と言うアングルだったのだが、これが思いの外見にくいw

座ってみると対局時計が邪魔で9筋が見えないし、立ち見だと外からの光が邪魔でこれまた駒が見にくい。ベストアングルを決めた後はピクリとも動かず見ていました。

勝負はマリカ攻めがさく裂(したように見えた)で中村女流の勝ち。

その後、ペア将棋ではトラブルもあったけど無事に対局が終了。

トークショーの半ばで私用で退室。

お客の95%がおっさんでしかも大部分は私より年上と言う雰囲気に飲まれた感じでした。

次はもう少し客層がわかめのイベントに行ってみようかな。

後、印象に残っているのは大ベテランの大先生である斎田先生が、指導対局(と写真撮影)の為だけに会場に来ていたのに驚きました。

落ちも何もなく自分用メモな感じですがお許し下さい。

もし、コミケで財布を落としたら…

この記事の閲覧比率が低い事を祈ります…。

楽しい楽しいコミケですが、もし財布を落としたらと思うとぞっとするので記事にしてみました(記事作成日:2015/8/15)。

 

1.まず本当に落としたのか確認しましょう

(イベントに行っているとつい普段と違う場所に財布を入れてしまう事があります。)

 

2.会場内の落とし物案内(?)に行って届け出を出しましょう

(これで会場内で拾った人が届けてくれれば戻って来る筈です。)

 

3.財布と一緒に何を落としたか確認しましょう

(落とし物の届を出す時に書く必要があるので、そこで思い出すとは思いますが。)

 

4.クレカは速攻で止めましょう

(国内の低額決済だとほぼノーサインで買い物ができてしまいます。また仮にサインを求めるような店でも、サインと裏書をチェックするアルバイトは殆どいません。財布を落とした瞬間からクレジットカードの限度額=不正利用可能限度額に変わります。)

 

なお、クレカ会社に紛失の電話をした後は、クレジットカードが見つかってもそれはただのプラスチックの板になっていますので注意。復活もできません。

 

○連絡先

JCB:

JCB紛失盗難受付デスク:0120-794-082

WEB:紛失・盗難のご連絡|クレジットカードなら、JCBカード

 

VISA:

カード紛失・盗難受付デスク:0120-919-456

WEB:カード紛失・盗難の際は:クレジットカードの三井住友VISAカード

 

AMEX:

メンバーシップ・サービス・センター:0120-020120 または 03-3220-6100

WEB:カードの紛失・盗難時に - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

マスターカード

緊急サービス:00531-11-3886

WEB:緊急サービス | MasterCard®

 

ダイナースクラブ

紛失・盗難のご連絡はダイナースクラブ コールセンターまで:0120-074-024

WEB:紛失・盗難の場合|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

 

5.警察に行きましょう

困った事に最寄りの警察署は「東京湾岸警察署 お台場海浜公園駅前交番」で東京テレポート駅からはすぐなのですが、国際展示場前駅から約1.5kmの距離にあります。

警察署に行く理由は勿論届出を出す事ですが、それ以外にも落とし物のプロ(嫌な表現ですがw)なので、色んなアドバイスをして頂けると思います。完全に交通費がない場合の対処法などアドバイスを頂けると思います。

 

なお、どうせ出て来ないからと届出を出さなかった場合には不正利用された際にかなり面倒な事になるので、面倒ではあるのですが、必ず届出は出しておきましょう。

(冷静に考えればわかる事ですが、本人はx月y日に紛失したとわかっていても、届出を出さないとそれを証明するものが何もないのです。つまり、紛失してない事になってしまいます。その為、悪用されたとしても紛失していない扱いになってしまいます。)

 

6.回避策

よくある話を箇条書きにしておきます

・人が多く集まるイベントには招かれざる人も多数来ます。注意しましょう

私も昔JRA(中央競馬)でスイカ(当時はオレンジカード)をすられましたし、JRA(中央競馬)でスリと思われる行為を見かけた事もあります。

博打場と一緒にするなと言われてしまえばそれまでではありますが、人が多く警察が少なくしかもお金を持っているとわかっている場所は彼らにとっても美味しい場所なのです。

 

・後ろポケットに財布を入れるのは止めよう

普段の日本ならこれでもさほど危険ではないのですが、上記にもあるように招かれざる人が来ている状態ではかなり危険です。

 

・余計な物は持って行かないようにしましょう

上記JRA(中央競馬)の件があってから、危険な箇所(JRA(中央競馬)や健康ランドなど)に行く際には不必要な物は持って行かないようにしています。社員証や学生証、運転免許証(運転していく時は別)やキャッシュカード(現場でお金をおろす場合は別)、クレジットカードはどう考えても不要なので置いて行きます(もしくは枚数を減らす)。また使い過ぎも避けられます。

 

・事故用に財布(又はそれに準ずるもの)は2ヵ所に入れておきましょう

例えばスペアキーと家までの交通費と紛失時の連絡先一覧メモが入ったサブの財布を用意して、同時には取られない場所に入れておけば片一方がなくなってもコミケ内で紛失届を出して紛失先の連絡先一覧に電話して警察署によって問題なく家に帰れます。正直ここまでやればそもそも財布を落とすようにはならない気もしますが、備えあれば患いなしかと思います。

 

7.まとめ

7-1.落としたら紛失届を出す

7-2.クレカは速攻で止める

7-3.警察署に行く

7-4.スリがいると思って注意する

7-5.不必要な物は持って行かない

 

そんな所でしょうか。折角のイベントが台無しにならないようできる事はやっていきましょう。

キャッスルマン病再発しました

色々思う事はあるのだけど、どうせ纏まらないので事実だけ書いておく。

本日の通院で前回の通院時と同じく腹部に腫瘤を確認。

摘出して生検をしないとキャッスルマン病とは確定はしないのだが、

過去にキャッスルマン病をやっている事を処々のデータからキャッスルマン病で間違いないとの事。

救いは前回の検査時から腫瘤が大きくなっていない事。

これにより即摘出はしなくていいとの事。

付随する各種の異常には対処療法で臨むと言う今までの方針はかえない。

主流が大きくなったり、著しく体調が悪化したら次の手段を考えるとの事。

将棋電王戦FINALのルールについて

詳しくはこちら

http://ex.nicovideo.jp/img/denou/final/pc/Rules_denousen_final.pdf

 

ポイントは着手(特に秒読み)です。

人はソフトの着手確定後、60秒(1・2・3・・・・10)が読まれるまで、つまり59秒(9)はセーフですが、60秒(10)が読まれたら負けです。

 

ソフトは人の着手確定後、開発者がソフトに人の着手を入力した所から時間計測が始まり、ソフトが手を確定させるまでが60秒未満でなくてはならない。

 

わかりにくいので実際にありそうなケースで書くと、

人が着手を完了後

開発者がソフトに着手を入力 5秒(0秒)

ソフトが手を考える 59.9秒(59.9秒)

電王手さんが手を指す 10秒(0秒)

合計 74.9秒(59.9秒)カッコ内がルール上の時間

となる。

また、開発者が着手の入力を失敗してもそれは時間には含みません

 

なので人の感覚でソフトの着手を見ると「切れた!」って思うと思いますが、ルール上何も問題ないです。

 

なお、森下九段のリベンジマッチの際にもそう言う事象が発生している(ツツカナは最大9分55秒で指していたようですが、電王手くんの指し手完了までに10秒以上要するケースがある)ので、興味のある方は見て下さいな。


将棋電王戦リベンジマッチ 森下卓九段 vs ツツカナ - 2014/12/31 10:00開始 - ニコニコ生放送

(3時間の持ち時間が切れてからの話になります。)

 

※:着手スピードで先読みに差が出る気(と言っても10秒未満)もしますが、その間は人も考えられるので気にしない方が良いかと。

 

 

以下余談

 

本題と関係ないけど、全員同じルールなのは勿体ない気がしています。勝ちに拘るなら各個人が一番得意なルールでやれば良いのに。と思ってしまったり。チェスクロックなら5時間より6時間の方が好きな人が多そうな気もしたり。

人とソフトは基本的な能力が異なるのだから、極力人の力が最大限発揮できるルールにするぐらいは言った方が良いのかなとか思ったり。後、前回のように会場で空調、虫、トイレの問題がありませんように。

チェス、オセロ、シャンチーのケース(3つともソフトが上になった)を見るまでもなく、人とソフトが対局して楽しめる期間は限定されている訳なので、電王戦と言う形式に拘らず1年でも長く対局が続けばいいなと思っています。ただ、第2回将棋電王戦(特に第2局)後の一般の人の日本将棋連盟や佐藤四段(当時)への叩きっぷりを見ていると色々難しい気もしますが…。

 

※:ソフトが強くなってからのソフトとプロの対局と言う意味では、チェスはカスパロフ対ソフトが2年、オセロは1回っきり、シャンチーもあっという間だったらしく、たった4年かよ!って叩かれている将棋が実は対ソフトでは長く対局を行っていたりする(あから2010と清水女流六段やBonanzaと渡辺竜王を混ぜればもっと行くかな。)。

 

※※:これは直感でしかないのですが、囲碁ソフトはある時に急激に強くなって一瞬(1~3年)でプロを超えてしまうのではと思っていたりします。なので、囲碁電王戦は盛り上がらなくても、対局数を減らしてでも続けていた方がきっと上手く行くと思う。

タップダイス先生のトマホーク最新研究をPCで読む方法

他にもあるかも知れませんので参考までに

1.Amazonの該当ページに飛ぶ


Amazon.co.jp: トマホーク最新研究 電子書籍: タップダイス: Kindleストア

2.無料アプリをDLする

f:id:etcnohito:20150201093027p:plain

3.インストールする

4.無料サンプルをDLする(必ずやってね)

(ポイントは「for PC」が出ていること)

f:id:etcnohito:20150201093351p:plain

成功するとこんな感じになる。

f:id:etcnohito:20150201093502p:plain

5.読む

6.本編が欲しくなったら本編も買う

7.☆1でも☆5でも感想を載せる

 

以上